最近の商品の購入方法は、大きく変化しつつあります。その1つはQRコード決済です。次々とスマホ決済の方法が登場していますが、せどりで稼ごうと思うのであれば、その決済も上手く活用してみると良いでしょう。特に店頭で商品を仕入れたいなら、おすすめです。

QRコード決済はどうやって使うか

そもそもQRコード決済はどのような流れになるかというと、まず決済専用のアプリをスマホにインストールします。もちろんタブレットでも構いません。
インストールしたら、クレジットカードや銀行口座などをアプリに登録するのです。一旦登録すれば、その手段で入金できる状態になります。銀行口座を登録すれば、お店で商品を買った時には、自動的に銀行口座から引き落としされるのです。
そしてお店で買いたい商品を選んだら、店員にスマホアプリを見せます。すると店員がQRコードを見せてくれるので、スマホカメラで読み取ります。もしくはアプリのバーコードをお店に見せるのです。するとアプリでの決済が完了します。
ちなみにクレジットカードを登録しておけば、還元ポイントも付きます。アプリによっては、独自の割引が採用されている事もあるのです。

QRコード決済で仕入れる

ところで、せどりで稼ぐ為には商品も仕入れる必要があります。ゲーム機やキャラクターグッズなどを、お店で仕入れている方も多いです。もちろん仕入れる時にはお金を支払う事になりますが、多くの方々は現金で支払っています。
現金だけではありません。クレジットカードもあります。カード払いには還元ポイントがありますから、せどりで仕入れる際にカードを使っている方々も多いです。仕入れの金額によっては、かなり大きな還元ポイントを受け取る事もできます。
もちろん上述のQRコード決済でも良いのです。仕入れコストを低く抑えたいなら、それも有効活用する方が良いでしょう。

QRコード決済でせどりの利益率を高める

なぜQRコード決済がおすすめかというと、割引が大きいからです。その方法で買いますと、アプリによってはかなり大きく割引されます。現にある決済アプリの場合は、指定のお店で商品を買えば2%割引されるのです。クレジットカードを登録しておけば、ポイントは二重取りになります。
せどりの仕入れ額は、かなり大きくなる事も珍しくありません。大量に仕入れるのであれば、金額もそこそこ大きくなるでしょう。それだけにアプリによる数%の割引は、決して軽視できないのです。
例えば、普段のせどりによる利益率は10%であるとします。しかしQRコード決済を活用すれば、それを12%や15%など高める事も可能なのです。確実に利益率を高める事ができますし、上手く活用してみると良いでしょう。